<アメシロ食害に対する実証実験その2>
みどり守・GN−502オイルを用いた実証実験
前回同様、アメリカシロヒトリ(アメシロ)に対する
当方商品「みどり守 GN−502」の効果をわかりやすく再現したいと思います。

今回は「GN−502粉末」を使いまして、植物が食害虫の嫌がる成分を吸い上げ
葉まで運び、そこで効能を発揮することを示します。

こがき(カキノキ科: まめがき、とも呼ばれる)の小枝を2本用意します。
片方の小枝は、GN−502粉末をppm(百万分率)レベルまで薄めた液に挿します。
他方の小枝は、なにも加えず、松本市の水道水に挿します。

この状態で三日間放置して、水分(成分)の吸い上げを待ちます。

三日後、同じ大きさの葉を取り揃えます。
識別のため、GN−502成分を含む葉にのみ黄色の糸を結びます。
この2枚の葉を、約3センチのアメシロ10匹の居る容器に入れます。
8時間、自由に食べさせます。
結果、GN−502成分を持つ黄色の糸を結んだ葉は
周辺部を部分的に食べられましたが、葉としての機能は果たせる状態です。
他の葉は葉脈まで食害を受け、葉としての機能は果たせない状態です。

実証実験のTOPへ戻る  アメシロ食害に対する実証実験その1  【GN-502】についてのお問い合せ